SWEET SOULがアイドルを手掛ける?

「山内さんはアイドルをプロデュースすればいい!はやりだからね!」

というアドバイスを頂きまして、SWEET SOUL RECORDSが

アイドルグループをプロデュースしたらどうなるか考えることがありました。

 

「AKBについてはどう思いますか?」ともよく聞かれます。

実際に2年ほど前に秋葉原で行われたライブにいった事もありますが、

レベルの高いエンターテインメントでした。

演出も、衣装も、空間も一流だったと思います。

全く詳しくない僕でも楽しめたのはしっかりと

ターゲット外のユーザーにも訴求力がある商品ができてるということ。

そしてマネージメントの方もアーティストをとても大切にしていらしゃいます。

生態系が出来て、回りにそれを愛する人がいる。素敵です。

それ以外にはなにもありません。

 

そんな簡単じゃないですよ?

アイドルグループを僕たちがビジネスとして扱うこと、

まずその音楽にもマーケットにも詳しくなければいけない。

詳しくなるには、勉強しなければいけない。

勉強してなんとかなるんだったらみんなやっている訳で、

今だからこそ成功しているビジネスだと思うのですが、

業界の大御所のプロデューサーの方が何年も培っていたノウハウを

存分に使って成立させたモデル。初期投資半端ないですよ。

それをやればいいじゃんって言ってる人、ライブいったことありますか?

裏方の仕事みたことありますか?めっちゃくちゃ大変なはずですよー。

YouTube Preview Image

 

そしてなによりこのタイミングでの参入は競合が多すぎるし、ノウハウもないし

ビジネス的に正直チャンスないと思います。

 

ジャンルを変えれば成功するの?

「とにかくじゃあ、なんでもいいからジャンルを広くやりなよ!ロックとか」

っという返しが来ます。たしかにパイは広がる。

リリースが増える分、売上も多少あがるかもしれません。

 

なにが成功なのかという定義もあるんですが、

専門レーベルとして認知されているレコード会社が

突然ジャンルを変えた時のデメリットいっぱいあります。

 

ジャンルを変えたら店舗の担当バイヤーさんも変わるし

営業も一からやり直し。3年間積み上げて来た事が

基本ほぼパァになるって考えた方がいいです。

 

そして僕たちのような新米レーベルは

ただでさえ信用がない上に、同じようなレーベルがいる中、

なにも特徴がないことにどんな訴求力がうまれるのでしょうか。

僕たちはいまやってることでまずは1位をめざさなければいけないのです。

 

そして得意な事をやる。アーティストにとっても、

まったくロックの知識や愛がない人がその音楽を扱う事って

幸せなのでしょうか?

 

そこに志はあるのか?

我々SWEET SOUL RECORDSに集まる人間はみんな音楽が大好きです。

そしてなにより、アーティスト・クリエイターが大好きです。

一人一人のアーティストと直でやり取りをし、

彼らの人間性、音楽を大事にリリースをしています。

無感情にビジネスをする事は僕たちにとって意味が有りません。

 

売れることを最優先に本人が望めば、もちろんその方向性を検討しますが、

望まれない限り、音楽自体にビジネスエゴを入れないスタンスを続けています。

僕たちはビジネスのために音楽自身をひんまげたりすることは

良くないと思っています。

 

アーティストが持つ、そのままの芸術性を楽しんでいただける人達を

ちゃんと探して、より楽しんで頂けるように情報を付加し

音楽の楽しみ方を提案する事。それを成立させて成功させる事が、

大事な事だと考えています。

 

ビジネスのためにはSOULが好きなアーティストにアイドルになれ!

とかアイドルにしちゃえばいいじゃん!と平気で言う人、

ぜひうちレーベル以外の方々に提案してみてください。

そしてこんな素敵な曲をきいてアーティストの気持ち考えてみてください。

YouTube Preview Image

 

 

何を目指しているか?

ビジネスはビジネスである。そんな風に割り切って仕事をする人もいるでしょう。

儲かれば別に何でも良い。そう思っている人もいると思います。

でももし僕たちが社会に必要な使命を意識しつつ、ビジネスもうまくいって

ただ儲かるだけではなく、社会的に意味があることができれば

それにこした事はないとおもいませんか。

 

ボランティアで。という意見もたまに頂きます。

無料奉仕。無料、無料、無料。なんでも無料にすることが

果たして社会を良くしていくのでしょうか。

 

僕たちがまず目指すところはアーティスト、レーベルがしっかり継続できる生態系をつくること。

 

僕たちは音楽によって出会い、音楽に助けられ、音楽から学びます。

人生における一生涯の師のような存在の音楽には嘘つけません。

無感情にビジネスだけを考えるんだったら、自分でレーベルをやりません。

わざわざ風前の灯の音楽業界にも参入しません。

愛があるからなんとかしたい。志があるからあえて難しい事に挑戦して

それを解決する事に使命を感じているのです。

 

僕たち得意な領域であり、応援しなければいけない人達の好きな音楽が

マイノリティであるということは事実です。

 

なかには賛成出来ない人もいるし、理解をして頂けない方もいると思います。

 

 

最後に

音楽はファッションである。はやりすたりがあると考える人も多くいると思います。

 

そんな世の中でも、僕たちは100年でも、1000年でもいつ聞いても、

かわらず良いものを常に提案し続けたい。

 

そして商業的な理由で音楽自体を変える事なく、多くの人に楽しんでもらう

方法を僕たちが創出する方法を目指して進んでいきます。

 

SWEET SOULがアイドルを手掛けられない理由、

十分伝わったことを願っています。

 

でもちょっとまて!こんなアイドルはやりたいぜ!!!

YouTube Preview Image

 

 

関連記事はこちら: